2008年10月31日

なんだかなぁ・・・

なかなか書けない日がつづき・・・。
やっと書けそうになったので、一気に書きますね!

芝居を立て続きに2つ観た。

一つは100人集客規模。
キャストも12人は出ていたニャー。もっと?
衣装や音楽隊(音楽劇なので)の演奏は
メルヘンチックではあったが、
ストーリーは資本主義における金儲け主義を主軸に、
酒乱の母親・恐喝や暴力でしか自己主張できない若者
・現実逃避、空想の世界に逃げ込んでいる労働者
などナドを浮き彫りに、ストーリーは展開。
最終的には、子供たちが大人たちを目覚めさせ、
みんなで大事な何かを探す旅に!

台詞がとても気になった。

父親が母親役も兼ねているからオネエ言葉の連発!
父親がオネエという設定で喋るのであれば理解できるが、
オネエではなく二役演じるため、便宜的に女の言葉の総称
として観客に解らせるための台詞だとしたら、観客に、
オネエの方たちを誤解させ、貶めることになる。

ワタシも脚本を書く過程で、
いつも自分の言葉で書くことを心がけている。
その結果間違った言葉の表現で傷つける結果となったら、
そのことに責任をもつ覚悟はできている。


もうひとつの芝居は・・・

電飾のイリュミネーション、大スクリーンによる映像は
圧巻ではあったが、演出、脚本が○○新喜劇なんですよ。
出演者一同が一緒にズッコケたり、
随所に陳腐な台詞しか出ないんですよ。
演出のひとつ?
意味無く!スナック菓子を観客席にほり投げ、
ワタシの席にも飛んできて、
おもわずその菓子を取ってしまったんですよ!
いつものクセ?で
返しにいきましたが受け取ってもらえず・・・。


そんな中ライブは良かったですよ。
アートカクテルでのRecto Berso(レクト・ベルソ)さん
の演奏。(4月にNyanで演奏してくれはりました)
まだ20代?のアーティストですが、
ビートルズ、ジョンやポールの影響受けているのでしょう?
曲はすんなり聴けますね。
でも、歌詞が英語とフランス語!
語学に弱いワタシとしては、チンプンカンプン!
しかし、彼らは自分たちのスタイル、ポリシーを持ち、
表現されている姿勢は凄い!

またNyanで演奏してもらいます!そのうち・・・いつかな?
posted by 八方ねこ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月14日

言いたいけど…

 ある劇団さんが多分芝居?に使うための映像撮影があったんですけど、公演の場所がNyanということが今のところ、シークレットになっているため、詳しいことが言えないたらーっ(汗)

言える時がきたら大々的に情宣しま〜す。

映像アップしてますが、ワザト顔がはっきりわからなくしてあります!?まあ、いつも、ピントがあっていないので、丁度好都合だったりなかったり?

撮影風景は快調に進み、とても楽しそうで私も仲間?に入りたいぐらいだった。そんなハチャメチャなことしたら、アカンことは解っているので、おとなしく?邪魔せずにジッと我慢で観てました猫


プレゼントまた・・・。猫仲間出没かexclamation&question

思いがけなく、誕生プレゼントの 猫のスリッパ!

私のイメージは しろ猫ではなく、クロネコだそうですよ!!

そうです!なにを隠そう、Nyanのロゴも黒ねこやん。

今年の冬は あ ん よ も温まるニャー!猫ココロもね!



posted by 八方ねこ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月11日

腰痛が…

久々に腰痛が、ひどくなってしまい…

3日Nyan試写会「僕らのミライへ逆回転」で、5時間くらい立ちっぱなしが原因!
張りきりすぎたかなあたらーっ(汗)


映画のあらすじを短く言うと…

いまだにVHSしか置いていないおんぼろビデオ屋のビルが、取り壊されることに。店員のマイクと親友のジェリーが力を合わせ、地域の住人たちをも巻き込み、店を守り抜くおはなし。

前半はあまりにもドタバタすぎて、まともには観れなかったけれど、町の住人たちと主人公たちがリメイク、(「2001年宇宙の旅」「ロボコップ」など)『手作り映画』撮影風景のシーンからはほのぼのとしてきた。

ラスト、役人たちが取り壊そうとビデオ屋の前に陣取っていたが、主人公たち、住人たちが店の中で手作り映画上映会を延々やり続け、役人たちは取り壊しを断念するそのシーンでは、胸にジーンときてしまった。

観れる人は絶対観てねexclamation

10 /11より、TOHO系にてロードショー exclamation×2


現在の日本では流されることに慣れすぎ。
役人に対してあそこまで、真摯に向き合うことができるのか!
自分たちの熱い想いを貫く勇気がもてるのか・・・。

アメリカは戦争ばかり起こすとんでもない国ではあるが、コメディであっても反権力映画が作れる国でもある!

おっと、肉体的に弱っているのに、八方ねこ的思想の強い面も見せてしまった、

ア・ツ・イ 八方ねこでした猫

腰、いたー(泣)



posted by 八方ねこ at 12:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月01日

ライブ・らいぶ・live!

★27日
 大阪扇町公園特設野外テントで、「すがた現す者」
 (劇団・態変)を観た。
 
 演出が素晴らしく、テント幕の一部をオープンすると、
 役者がうごめきながら、舞台に這い上がってくる
 シーンは圧巻で、扇町公園をバックに役者と公園の
 情景がまるで絵の様。


★28日
 北浜雲州堂〜切寂〜mimizuzi vol.3のライブへ。

 手造りキャンドルがテーブルに置かれ、
 お客さんにもキャンドルプレゼントのサプライズ!

 私はこの日誕生日だったこともあり、
 主催者の大城さんが猫のキャンドル を!
 あすかさんともうひとりの主催者、青木さんから
 猫のネックレス が!

青木くんねこペンダント


 キャンドルの炎ゆらゆら揺れる、温かいほっこりしたライブ。
 青木さんのまったりとした唄にもいつもながら癒されました。

ねこキャンドル




 みんなありがとう!

 忘れられない誕生日となりました!
posted by 八方ねこ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記