2009年01月07日

プラトニックな愛!

クリスマス時期〜年末までイベントに追われ、
いつの間にか新しい年を迎えてしまっていた・・・
「光陰矢のごとし」旧いことわざのように、
ほんとに時間があっという間に過ぎるんだと。
いまさらながら、トシかな

劇団Bee―ple Vol.22『メモリ』究極のプラトニックloveがテーマ!

48時間で記憶を失う彼女をずっと見守り、愛し続ける男
こんな愛の形が今のこの時代に存在するのか
無償の愛でもある
恋愛とは与えられ、与えることでしか成り立たない関係
それを超え、乗り越えたときにのみ、愛は存在するのだろう

照明は随所に輝っていたものの、ラストの【照明】がとくに素晴らしかった
彼女を真ん中に、左に探偵、右に彼 それぞれにスポットを当てる
絶望ではなく、希望という明るい光を感じさせる

be-ple memory.jpg


私もあんなスポット当てても映える役者に、いつ、なれるかニャー

コントシーンは?ではあったが、映像も、音楽も芝居を引き立て、
芝居が活かされていたのは、チーム力だ


劇団Bee―ple hp www.bee-ple.com


映画映画製作?!

メモリに影響され恋愛が恋しくなったわけではないが、
正月は映画の原作を書き続けた
私の青春時代、70年代の恋愛観を、細部にちりばめた
脚色によって多少の設定は変わるだろうが
関係のあり方は尊重してもらえるだろう

現在の若い人たちに観てもらいたい
理解できなくとも、知ってもらいたい

だが、2009年中に実現できるのだろうか?
私があきらめたら、あかん、あかん

ところで、過去のブログの写真が映っていないことに気づいた
ブログに写真を貼りつける作業で何度も失敗し、
やり直している間に消えてしまったみたいだ!

まだまだデジカメも使いこなしていないし、
ブログもきちんとアップできてない私

今年こそまともなブログ作りするぞー
機会に弱いから、やっぱりムリかな?
posted by 八方ねこ at 16:21| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記