2009年05月23日

☆演出の醍醐味!

賞を取られるだけあって、凄く凝った演出!

プロジェクターを3台も使うのだが、Nyanのプロジェクターは、
位置的に適合せず使用されず・・・

映像を床に映し出し、海や水溜りを表現されていたのが、
一番好きだった

6人の女優さんに六通りの朗読(リーディング)と、
6人の女優さんはそれぞれ違うキャラクターを演じ分けていた

一人は喋らず、体で表現するだけ、
結末は恋人がアメーバーになってしまうお話、
哀しかった・・・

バイク用ヘルメット・犬の体毛を表すふわふわ感のある帽子・
娘は人形・プラスティックの牛乳ボトル?
が蛍光する小道具が
なんといっても、大人が死に絶え、子どものみが残るという、
人類滅亡がテーマ?を不気味に提示させる演出に
ピッタリだった!

それぞれの芝居のテーマが統一されていなかったのが、
一番もの足りなかったかな?


下記にエレベーター企画さんのhp掲載しますので、
写真はそちらで見てください!
私の撮影はあいも変わらず、下手です・・・

大村さんゆい

http://www.evkk.net
posted by 八方ねこ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記