2010年10月24日

さようなら! ナオ。

「さようなら」も言わずに逝ってしまったナオ。

20歳のおばあちゃん猫。

あなたは誇り高き〔野良猫〕らしく、やはり、我が家で眠りにつくことを嫌い、

遠くに行ってしまった。

ここ一年程、めっきりにおとなしくなり、フクにもひよにも優しく接していた。

高い所から私たちを見下ろしていたナオ。

決っして鳴き声を出さず、気位の高かったナオ。

日頃はフク、ひよに冷血な態度で接し、近寄りがたい猫。

でも、野良猫が家に近づくと、体を張って野良猫に威嚇し蹴散らかし、

フク、ひよを野良猫から守っていた、ボス的存在。

実は、心は温かく、仲間たちを見守っていたのだ。

ただ、野良猫生活4年という歳月が、

ナオに温かさや弱さなど微塵も見せないという、

野良猫哲学を身に植えつけさせてしまっていたのだ。

今頃、きっと大好きなちょんままちゃん、

タラちゃんと天国で走り廻って遊んでいるだろう!

本当にホントに今までフク、ひよの姉として、

私たち家族の一員として、和たちを癒し、勇気づけてくれて。

  あ・り・が・と・う!


posted by 八方ねこ at 15:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記