2010年10月24日

さようなら! ナオ。

「さようなら」も言わずに逝ってしまったナオ。

20歳のおばあちゃん猫。

あなたは誇り高き〔野良猫〕らしく、やはり、我が家で眠りにつくことを嫌い、

遠くに行ってしまった。

ここ一年程、めっきりにおとなしくなり、フクにもひよにも優しく接していた。

高い所から私たちを見下ろしていたナオ。

決っして鳴き声を出さず、気位の高かったナオ。

日頃はフク、ひよに冷血な態度で接し、近寄りがたい猫。

でも、野良猫が家に近づくと、体を張って野良猫に威嚇し蹴散らかし、

フク、ひよを野良猫から守っていた、ボス的存在。

実は、心は温かく、仲間たちを見守っていたのだ。

ただ、野良猫生活4年という歳月が、

ナオに温かさや弱さなど微塵も見せないという、

野良猫哲学を身に植えつけさせてしまっていたのだ。

今頃、きっと大好きなちょんままちゃん、

タラちゃんと天国で走り廻って遊んでいるだろう!

本当にホントに今までフク、ひよの姉として、

私たち家族の一員として、和たちを癒し、勇気づけてくれて。

  あ・り・が・と・う!


posted by 八方ねこ at 15:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月12日

ずいぶんとご無沙汰・・・? ずいぶんとご無沙汰・・・!

何時から書けなくなってしまってたのだろう・・・。
気がつけば春になってしまっていた。


昨年夏まではNyanは閑古鳥、暇で暇でしかたなかったのに---
何時の間にやら忙しくなってもた。
どうやら口コミというもので、広がったようだ!

まあ。格安の料金、当たり前だが。
でもこの4月から倍に値上げ!
なんせ、今後のメンテナンス費用を積み立てていかなければならないから!
当たり前のことに気づかずなんちゅうやつでんねんにゃー!


趣味で営業なんて私がノウテンキなことを言ってしまうので、
ある劇団の方は、床に小判を隠しているとかなんちゃら、
恐ろしいことを賜っておられたが・・・?

そんなに金持ちだったら、無料で営みますやん!

まあ、みなさんにNyanを使ってもらえることは嬉しいこと。
せいぜい、潰さんようにしまっせ!

それと、1匹オオカミ的存在感を周囲に巻き散らかしてシアターカフェNyan一座のNyanが今度劇団T.C.Nを立ち上げましたニャーン!
また、hpにも募集欄作りますので、見てね。

「ひとり芝居」からどんな「劇団芝居」に変革させれるんか、
八方ねこの腕の見せどころって!?

posted by 八方ねこ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年11月16日

イベント情報更新しました!

八方ねこのNyanが12月19.20日

ひとり芝居フェスティバルに出るよ!

「あんたがたどこさ」を上演します!

何に扮するのかな!?皆様お楽しみに!

予約待ってるにゃん

  M M
m(−w−)m
posted by 八方ねこ at 18:42| Comment(23) | TrackBack(16) | 日記

2009年07月03日

★ 若いエネルギーに脱帽!

凄かった!

熱い、熱かったニャー!!

Nyan prezents 映画「わすれなぐさ」の出演者、
竹本くん、堤さん、細田さんたちによる

芝居公演 『MOUMOKU no MUSUBIME』

彼らの演技は上手下手を超えたものがあった

体当たりの痛々しい演技、
愛!憎しみ!
という気恥ずかしい台詞がどんどん、飛び出す

連日の激しい稽古も続けられた

私も初心者の役者、でも、初心はもう忘れてしまっていることに気つかされた

年齢がくってるし、それだけで・・・。

また私も初心に戻り、芝居創りを目指すにゃん!

moumoku 3.jpg


moumoku 1.jpg



moumoku 2.jpg
posted by 八方ねこ at 14:10| Comment(16) | TrackBack(14) | 日記

2009年06月10日

☆みんなありがとう!

「わすれなぐさ」で出逢った出演者、スタッフで
楽しい文化祭的イベントをやりきった!

落語・朗読・ラップ?・アコーディオン・ピアノ・ギター・・・
映画の挿入歌に!と思われる曲も、ソロとハモリで披露された!

映画の出演者としてはみんな演技が素人同然であっても、
それぞれお得意のジャンルだったので、
みんな活き活きとしていた!

おっと! 映画の演技力もみんな大丈夫ですよー

お客さんもそれぞれの出演者のファンの方たちが多く、
みなさん出演者全員に、温かい拍手!

今回映画の出演者で、体調を崩したり、就職活動に忙しく、
出演を断念した仲間たちは出演の仲間に声をかけ、
乗りにノッテ応援し、「わすれなぐさ」を通じて
本当の仲間になったみたい!

わたしも久し振りの「ひとり芝居」に舞いあがり、
台詞が飛んでしまっていたものの、
観客の温かな笑いに、ホッ!

一応、コメディーを目指していますので・・・。

最後に泣かせたいのだが、泣いてくれたかニャー!?


「わすれなぐさ」の撮影ではいろんな方たちに
応援していただけ、
その方たちの顔が思い出され、感無量なわたしであった!

だが、まだまだ編集作業も、映画挿入音楽制作もこれからだ
撮影も10%も残してある

11月21日(土)試写会(2回上映予定)
・22日(日)試写会・レセプションパーティーを予定している

なんとしても気を引き締めて映画創りに邁進していかないと!
出演者・スタッフのみんなもラストスパート!

ヨ・ロ・シ・ク・にゃー!
posted by 八方ねこ at 13:31| Comment(16) | TrackBack(6) | 日記

2009年05月23日

☆演出の醍醐味!

賞を取られるだけあって、凄く凝った演出!

プロジェクターを3台も使うのだが、Nyanのプロジェクターは、
位置的に適合せず使用されず・・・

映像を床に映し出し、海や水溜りを表現されていたのが、
一番好きだった

6人の女優さんに六通りの朗読(リーディング)と、
6人の女優さんはそれぞれ違うキャラクターを演じ分けていた

一人は喋らず、体で表現するだけ、
結末は恋人がアメーバーになってしまうお話、
哀しかった・・・

バイク用ヘルメット・犬の体毛を表すふわふわ感のある帽子・
娘は人形・プラスティックの牛乳ボトル?
が蛍光する小道具が
なんといっても、大人が死に絶え、子どものみが残るという、
人類滅亡がテーマ?を不気味に提示させる演出に
ピッタリだった!

それぞれの芝居のテーマが統一されていなかったのが、
一番もの足りなかったかな?


下記にエレベーター企画さんのhp掲載しますので、
写真はそちらで見てください!
私の撮影はあいも変わらず、下手です・・・

大村さんゆい

http://www.evkk.net
posted by 八方ねこ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月29日

☆温かな音色が・・・。

昨年の春くらいにお話があって、やっと実現しました。

前川淳平さんのLIVE!!

料理人・ワインソムリエを取り揃え
ライブに華を添えていた!

このところ、料理せずに放っていたキッチンが嬉しそうに
息を吹き返したよう!

フライパンを大きな炎が包み込み、良い香りが漂う
オーブンまでもが大喜びで、換気扇がうなること、
ウナルコト!

やはり、キッチンを使ってイベントもやっていかいと
いけないの かなぁと!
反省でした・・・。

それにしても、淳平さんの唄声は心に沁み、
温かい気持ちにしてくれはった・・

こんな私でもいろいろあるからニャー!
涙が ぽろぽろ ぽろりと・・。

 ありがとう!

ライブに集まってくださった方たちも、
ほのぼのした方たちばかりで、
とても嬉しく、また感謝!

※いつもながらの、遅いコメントになってしましました・・・!

  http://www.j-maehara.com/index.htm
posted by 八方ねこ at 11:48| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月09日

☆2月22日は Nyan・ニャン・にゃんの日!

22日にアイボリーブラザーズさんのワンマンライブ。
な! なんと!!

私、役者Nyanとして参加
それも、バックに生バンド、ギター・ヒロシさん、
アコーディオン・フクネコちゃん、
そして、清人さんにも芝居をさせてしまうと
いう・・・豪華共演!

夢のようでした
生演奏をバックになんて
まだまだ未熟な私の演技ですから・・・

テーマは【出会い】

Nyanが暗い闇の中に潜み、ひとりぼっちで、
自分の存在を知って欲しいと
ひたすら願っている、ロボット猫、<みや>を探し出し、
出会うシーンを演じた

残念ながら多くの観客が、私がNyanとみやを
演じ分けているのが、
理解していただけなかったこと・・・

私の演出が解りにくかったのかにゃー
今回の芝居バージョンは大人の方たちのみを対象にしたから、
少し複雑に作りすぎたんかなー?!

おっと、芝居の話しばかりで、恐縮!

ライブは、トップにフクネコちゃん!
何回も彼女のライブに行っていますが、
今回はチカラ入ってました

「憧れのNyanで、演奏できるなんて!」
言ってくれたりして・・・、嬉しいニャー!

成長されてきてましたね
ライブする度に、ドンドンと!

★フクネコhp
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=fukuneko_ajineko


feel my way さんは、エリカさんの澄んだ声と
大ちゃんのギターの音色が
いつも素敵な、ハーモニーを奏でてくれはって、
大人の雰囲気!
洗練されてはりますよね

そ・れ・に・東京進出とか・・・
今度、Nyanで4月にライブ予定!

★feel my way ブログ
http://yaplog.jp/feelmyway/

最後は、アイボリーブラザーズさん!
お馴染みの甘いお声の清人さんと、これぞミュージシャン、
職人肌のピアノ、ヒロシさん。

映画出演の仲間たちの応援も凄く、ノリに乗ってた清人さん、いつもより、声が高く感じたのは私だけ?

さすが、ヒロシさんはいつものペースで、ピアノに集中、
タッチは冴え渡っていたニャー!

★The Ibory Brothers hp
http://usmusic.co.jp/portal/artist/ibory/

写真もピンボケばかりで、載せれない!
タイムリーにブログ書けない八方ねこでした!
posted by 八方ねこ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

☆ てるてるパーティー

私がたまたまNyanに居て、セトグチさんが偶然に入ってきて、
てるてるさんたちとの出会いが・・・

TV番組のような映像は、理解に苦しむものもあったが、
概ね楽しめるものであった

特に、キャベツを電車の座席で笑もせず、真剣に
1個食べきる映像は、大変だったと思うと、
なんかホットに感じられた・・・

DVD−Rが読み取れず、映像が映し出されず、
パソコンにつなぐものの音声が出ないなど、
様々なアクシデントにもかかわらず、
イベント直前に無事、映像がスクリーンに映し出された時は、
感動ものであった!!

そして、コーラスも練習中は集中できず、思わず私が、
余計なアドバイスしたものの、
本場はみごとなコーラスを披露!

一部の人だけで片付けることの多いイベントの中、
片付けもみんなで協力してしてくださって、
Nyanは清々しくなった

来年もイベントNyanで開催予定とのこと!
【てるてる】のみなさん!待ってるニャー!!


posted by 八方ねこ at 19:28| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月14日

涙がどんどん溢れ・・・

ついに映画「わすれなぐさ」がクランクイン!

白川郷ロケは3日間、怒涛の日々!

初めてお会いする人たちだらけ、
キャストも現場スタッフもみんな
でも映画づくりのために心一つになった

睡眠・食事時間を削っての連日の撮影
最後まで誰も弱音も吐かず、雪の中、冷たい雨の中、演じつづけたキャスト陣
監督、カメラマン、マイク担当、ラフ板担当、雑用でもなんでもやってくれたシン君

瞳はキラキラと輝いていた、みんな!

そしてみんな口を揃えて、『楽しいと!!』

白川郷ではゲリラ撮影にもかかわらず、地元の人たち、駅員さん、
監督のカットの声がかかるまで
温かく見守ってくださり、静かに待ってくれた観光客のみなさん

ロケが長引き、ロケバスが大阪にたどり着くのが12時過ぎるかと心配しどうし
でも、神様が最終電車に間に合わせてくださった
ロケバスの運転手さんも頑張った
東京に帰れなかったヒロシさんには迷惑かけてしまったが・・・

どんどんバスが大阪に近づくにつれ、主役以外の男性キャストとの別れが迫る
涙がどんどん溢れ、号泣してしまう
いつから泣いていなかっただろう

何でもひとりで走ってきた
芝居もひとりにこだわっている

でも、みんなと一つになれることって本当に大事なことなんや
今回のロケで私が忘れかけていた『感謝』の気持ちを思い出させてもらった

あ・り・が・と・う

女性キャストとはまだしばらく会える
残りのロケを私も楽しもう!

ちょっぴりセンチな八方ねこでした
posted by 八方ねこ at 16:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月07日

プラトニックな愛!

クリスマス時期〜年末までイベントに追われ、
いつの間にか新しい年を迎えてしまっていた・・・
「光陰矢のごとし」旧いことわざのように、
ほんとに時間があっという間に過ぎるんだと。
いまさらながら、トシかな

劇団Bee―ple Vol.22『メモリ』究極のプラトニックloveがテーマ!

48時間で記憶を失う彼女をずっと見守り、愛し続ける男
こんな愛の形が今のこの時代に存在するのか
無償の愛でもある
恋愛とは与えられ、与えることでしか成り立たない関係
それを超え、乗り越えたときにのみ、愛は存在するのだろう

照明は随所に輝っていたものの、ラストの【照明】がとくに素晴らしかった
彼女を真ん中に、左に探偵、右に彼 それぞれにスポットを当てる
絶望ではなく、希望という明るい光を感じさせる

be-ple memory.jpg


私もあんなスポット当てても映える役者に、いつ、なれるかニャー

コントシーンは?ではあったが、映像も、音楽も芝居を引き立て、
芝居が活かされていたのは、チーム力だ


劇団Bee―ple hp www.bee-ple.com


映画映画製作?!

メモリに影響され恋愛が恋しくなったわけではないが、
正月は映画の原作を書き続けた
私の青春時代、70年代の恋愛観を、細部にちりばめた
脚色によって多少の設定は変わるだろうが
関係のあり方は尊重してもらえるだろう

現在の若い人たちに観てもらいたい
理解できなくとも、知ってもらいたい

だが、2009年中に実現できるのだろうか?
私があきらめたら、あかん、あかん

ところで、過去のブログの写真が映っていないことに気づいた
ブログに写真を貼りつける作業で何度も失敗し、
やり直している間に消えてしまったみたいだ!

まだまだデジカメも使いこなしていないし、
ブログもきちんとアップできてない私

今年こそまともなブログ作りするぞー
機会に弱いから、やっぱりムリかな?
posted by 八方ねこ at 16:21| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月07日

熱い涙が・・・

私の芝居の師であると勝手に思い込んでいる、
芹川 藍さんの「講演会&ミニワークショップ」
のスタッフとして、参加した。


ai serikawa.jpg




芹川さんとの出会いは、今から15年前くらい、
演劇の手法を取り入れた「自己発見表現講座」で、
芹川さんの講座を受講し、修了公演で初めて芝居に取り組み、
芝居の楽しさを知ったのだが、私は仕事の都合で
演劇活動はできずにいた。

同じ受講生たちは演劇集団「びいどろん」を立ちあげ、
芝居公演を次々と!
芝居できない私はひたすら、『劇団青い鳥』と『びいどろん』の追っかけと化し、東京までも・・・。

その元、びいどろんのみなさんと今回、
芹川さんの講演会スタッフとして、
参加させてもらったのだが、みんなの芹川さんへの熱い想いを見るにつけ、凄いなと。
一つのことをみんなで協力してチラシ原稿作成、
タイトル幕作り、などなど。

新鮮でした!完成させていく過程が。
久し振りに初心に戻り、学生気分の私であった。

ちなみに私はタイトル
【もっと楽しむ もっと楽しく 生きていくコツ!】
の字を和紙の幕に貼る作業を!
不器用な私なので、糊づけ下手でゆがんだり、
きっちり貼りつけられなかったりと・・・。

この作業はNyanにてやっていたのです!

講演会会場でその幕を見て、芹川さんが
「わあ可愛い。素敵な幕!」って!
「ゆりちゃん頑張った甲斐があったねー」って、わたし。

忘れかけていましたね。
ひとり相撲になりがちな私ですから・・・。

★講演内容をまとめると、

【自分がしたくないことは少しづつやらない
 <勇気> をもつこと】
【それが、自分を <快> にもっていくことになること】
映画のタイトル風に、「私は貝に(快)なりたい!」と話され、
会場を笑の渦にもっていかれるところはさすが!

深刻な話題でもジョークを用いてお話される話術は、
青い鳥の芝居の台詞にも反映されています。

★ミニワークショップは、
芹川さんが「舞台に上がりたい人?」と声をかけると、
11人の受講者が舞台へさっと!
「さすがですね。大阪の人たちってと」。芹川さん!
楽しく歩く(恋人に会いに行く)、悩みを抱えて歩く(上司、父親、母親に叱られ)、凛として歩く(会場の一点を見ながら)、もじもじして歩く(トイレに行きたくて)
を具体的に指示しながら舞台の上でワークショップ。

参加者のみなさんの顔がほころんでいること!
いろんな感情を表現することで、体も心もゆるむんですね。

serikawa kouennkai 002.jpg


そして、最後の最後に、芹川さんは私たちスタッフに
ねぎらいの言葉を!!

『ほんとに、手のかかる生徒たちだったけど、今日の講演会の
準備やら大変だったと思います。
心からお礼を言います。ありがとう!』

と言って、涙ぐまれました。

芝居のカーテンコールでも絶対見せない初めての涙を、
わたしたちに!

私も熱いものが込みあげました・・・。

芹川 藍 (せりかわ あい)劇団青い鳥主宰・演出家・役者・アクティングセラピスト
青い鳥創業 http://www.aoitori.org/


「ハイ!て・れ・れ!?」

久々にNyanでの【カフェ放送てれれ】さんのイベント。
『てれれ大賞発表&受賞式アンド忘年会!』を。

terere 008.jpg


【カフェ放送てれれ】さんとは個人的にもう6年
くらいのお付き合い。

市民から作品を募り、いろんなカフェで上映されていて、
Nyanでも3回ほど上映させてもらった。
(詳細はhp掲載しますので、見て上映会行ってくださいね)

「コミュニケーション」というテーマで集まった、
14作品を上映し、その中から大賞と特別賞が選ばれた。
会場に集まられていたほとんどの方たちは、
作品出品者であった。

●×□映画祭などとは違って権威意識が無い分、
緊張した雰囲気はない。
作品は、自由でアマチュア意識が高い作品が多い。
観ていて、なんだか微笑ましく思える。

私はすぐに分析的解釈をしてしまうところがあって、
特に芝居、映画に対して。
自分でも嫌なのだが・・・。

そんなことは考えずに観てしまえる、
そこが【カフェ放送てれれ】の良さかな!

忘年会は1品持ち寄り、あっという間に皿がからっぽ!
飲み物もワインからほうじ茶までバラエティーに用意され、
中にはマイ茶碗、マイ箸まで持参されていた。
予定時間1時間もオーバーしてもほとんどの参加者は帰らない。
最後は記念撮影、私もキッチリ参加したニャー!
「ハイ!て・れ・れ!?」 チーズじゃないよ・・

http://www.terere.jp

posted by 八方ねこ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月16日

庭先に・・・

嬉しい出来事、哀しい出来事がたて続けに起き、
少し不安定な私。

夏に引き続き、アイボリー・ブラザーズさんのワンマンライブ!
『秋の夜長のアイボリー!』
今回のゲストは前原淳平さん!

アイボリーさん

ヒロシさんの優しいピアノの音色に甘いお声の清人さんの唄。
「北極星」 切なく心に沁み、また私も原点に戻らなければと!
「甘い男」 新曲。アッポテンポな曲、ロックともブギとも?
詞は甘党大好きオトコというだけ。
でも、コミカルでありながらもなかなかお洒落だっだな。
ラップみたい!
お客さんもノッテましたよ―!手拍子、足拍子?ワタシだけ!

淳平さんは性格そのものが唄声に表現されているかた。
高音の澄みきった、それでいて、力強さもあるシンガー。


淳平さん




楽しく、心癒されたライブの後、翌日はお葬式に参列。

突然の死に。実は予期していたのだが・・・。
私にはどうすることもできなかった!

彼女と交わした最後の言葉。
『ちょっとの間だけ、入院して検査したら、帰ってきてね』。
彼女は静かな微笑みをうかべ。
『はい』とだけ・・・。

私は無力さを感じている。
もっと私にはするべきこと、やれることがあったのではと!

私が管理人をしている「しまんと荘」にダリアが咲いた。
まるで彼女が誇らしげに佇んでいるかのような!

daria.jpg
posted by 八方ねこ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月08日

公権力に負けない!

せっかく、パルチザンでの鍵盤ライブ。
フクネコちゃんのあの力強いピアノの音と唄声に勇気づけられ、とんちゃんの一生懸命な鍵盤と唄に癒され、
ワタシもやる気になってたのに、
もう―!

昼間、自転車で買い物をして、Nyanに着いたら、
二人の警官に呼び止められ、「なにごと?」と思ったら、
この自転車には固定の鍵が取り付けられてないことを、
咎められたわけなんですよ。

ワイヤーのみの施錠しかしてなかったから、
これはアウトらしいです!

「はい、正しい鍵を取りつけます!」

それですんなり終わるかと思ったら、
とんでもない!

それから、自転車の防犯登録名を本部へ照会しだしたんですよ。
そう、盗難自転車と不審がられ、そこからしつこく
尋問が始まった!

「この自転車登録名は?」
「私の名前かなあ。○○です?」
(ワタシが買ってないのでわからなかったんですョ)

「違いますね、他に誰かで登録は?」

ワタシも焦り、
「×○□!・□×○?」

元従業員の何人かの名前とか言って、それでも違うと。

「ここのお店の名前は!」
最後になってお店の名前を聞かれ、やっとワタシも納得。
『シアターカフェNyan』で登録されていたのです!
このやりとりは店の前でやってたのです、20分くらいも!

警官は最初の照会で、店の名前で登録されていたことを知りつつも、ワタシの口から言わせたかったようだ。
登録の名前が言えるかどうか。
ワタシを自転車を盗んだとして
疑ってかかっていたから。

それは、自分たちの規定の鍵をとりつけてない
違反者=社会規範からはみ出した犯罪者
というレッテル。
自分たち公権力こそがすべて正しい!
そこからしか思考できない彼ら。

昔、むかし、ワタシが小学生(何年前やねん?おっと・・・)
の頃の警官は、「おまわりさん」と呼ばれていました。
そして、地域住人のために一生懸命お世話してくれていました。

冬の寒い朝、体を温めようとのら猫ちゃんが、車の下から
ボンネットのエンジン部分に入り込み、
出られなくなって泣き叫んでいる時も、
1時間もかけてのら猫を救出する、
われら子どもたちのヒーローでした。

おばあさんが、帰る道がわからないと言えば、
一緒に探して家まで送り届けてくれはったものです。

あんなおまわりさんは今、いるのかなあ!
posted by 八方ねこ at 12:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月31日

なんだかなぁ・・・

なかなか書けない日がつづき・・・。
やっと書けそうになったので、一気に書きますね!

芝居を立て続きに2つ観た。

一つは100人集客規模。
キャストも12人は出ていたニャー。もっと?
衣装や音楽隊(音楽劇なので)の演奏は
メルヘンチックではあったが、
ストーリーは資本主義における金儲け主義を主軸に、
酒乱の母親・恐喝や暴力でしか自己主張できない若者
・現実逃避、空想の世界に逃げ込んでいる労働者
などナドを浮き彫りに、ストーリーは展開。
最終的には、子供たちが大人たちを目覚めさせ、
みんなで大事な何かを探す旅に!

台詞がとても気になった。

父親が母親役も兼ねているからオネエ言葉の連発!
父親がオネエという設定で喋るのであれば理解できるが、
オネエではなく二役演じるため、便宜的に女の言葉の総称
として観客に解らせるための台詞だとしたら、観客に、
オネエの方たちを誤解させ、貶めることになる。

ワタシも脚本を書く過程で、
いつも自分の言葉で書くことを心がけている。
その結果間違った言葉の表現で傷つける結果となったら、
そのことに責任をもつ覚悟はできている。


もうひとつの芝居は・・・

電飾のイリュミネーション、大スクリーンによる映像は
圧巻ではあったが、演出、脚本が○○新喜劇なんですよ。
出演者一同が一緒にズッコケたり、
随所に陳腐な台詞しか出ないんですよ。
演出のひとつ?
意味無く!スナック菓子を観客席にほり投げ、
ワタシの席にも飛んできて、
おもわずその菓子を取ってしまったんですよ!
いつものクセ?で
返しにいきましたが受け取ってもらえず・・・。


そんな中ライブは良かったですよ。
アートカクテルでのRecto Berso(レクト・ベルソ)さん
の演奏。(4月にNyanで演奏してくれはりました)
まだ20代?のアーティストですが、
ビートルズ、ジョンやポールの影響受けているのでしょう?
曲はすんなり聴けますね。
でも、歌詞が英語とフランス語!
語学に弱いワタシとしては、チンプンカンプン!
しかし、彼らは自分たちのスタイル、ポリシーを持ち、
表現されている姿勢は凄い!

またNyanで演奏してもらいます!そのうち・・・いつかな?
posted by 八方ねこ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月14日

言いたいけど…

 ある劇団さんが多分芝居?に使うための映像撮影があったんですけど、公演の場所がNyanということが今のところ、シークレットになっているため、詳しいことが言えないたらーっ(汗)

言える時がきたら大々的に情宣しま〜す。

映像アップしてますが、ワザト顔がはっきりわからなくしてあります!?まあ、いつも、ピントがあっていないので、丁度好都合だったりなかったり?

撮影風景は快調に進み、とても楽しそうで私も仲間?に入りたいぐらいだった。そんなハチャメチャなことしたら、アカンことは解っているので、おとなしく?邪魔せずにジッと我慢で観てました猫


プレゼントまた・・・。猫仲間出没かexclamation&question

思いがけなく、誕生プレゼントの 猫のスリッパ!

私のイメージは しろ猫ではなく、クロネコだそうですよ!!

そうです!なにを隠そう、Nyanのロゴも黒ねこやん。

今年の冬は あ ん よ も温まるニャー!猫ココロもね!



posted by 八方ねこ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月11日

腰痛が…

久々に腰痛が、ひどくなってしまい…

3日Nyan試写会「僕らのミライへ逆回転」で、5時間くらい立ちっぱなしが原因!
張りきりすぎたかなあたらーっ(汗)


映画のあらすじを短く言うと…

いまだにVHSしか置いていないおんぼろビデオ屋のビルが、取り壊されることに。店員のマイクと親友のジェリーが力を合わせ、地域の住人たちをも巻き込み、店を守り抜くおはなし。

前半はあまりにもドタバタすぎて、まともには観れなかったけれど、町の住人たちと主人公たちがリメイク、(「2001年宇宙の旅」「ロボコップ」など)『手作り映画』撮影風景のシーンからはほのぼのとしてきた。

ラスト、役人たちが取り壊そうとビデオ屋の前に陣取っていたが、主人公たち、住人たちが店の中で手作り映画上映会を延々やり続け、役人たちは取り壊しを断念するそのシーンでは、胸にジーンときてしまった。

観れる人は絶対観てねexclamation

10 /11より、TOHO系にてロードショー exclamation×2


現在の日本では流されることに慣れすぎ。
役人に対してあそこまで、真摯に向き合うことができるのか!
自分たちの熱い想いを貫く勇気がもてるのか・・・。

アメリカは戦争ばかり起こすとんでもない国ではあるが、コメディであっても反権力映画が作れる国でもある!

おっと、肉体的に弱っているのに、八方ねこ的思想の強い面も見せてしまった、

ア・ツ・イ 八方ねこでした猫

腰、いたー(泣)



posted by 八方ねこ at 12:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月01日

ライブ・らいぶ・live!

★27日
 大阪扇町公園特設野外テントで、「すがた現す者」
 (劇団・態変)を観た。
 
 演出が素晴らしく、テント幕の一部をオープンすると、
 役者がうごめきながら、舞台に這い上がってくる
 シーンは圧巻で、扇町公園をバックに役者と公園の
 情景がまるで絵の様。


★28日
 北浜雲州堂〜切寂〜mimizuzi vol.3のライブへ。

 手造りキャンドルがテーブルに置かれ、
 お客さんにもキャンドルプレゼントのサプライズ!

 私はこの日誕生日だったこともあり、
 主催者の大城さんが猫のキャンドル を!
 あすかさんともうひとりの主催者、青木さんから
 猫のネックレス が!

青木くんねこペンダント


 キャンドルの炎ゆらゆら揺れる、温かいほっこりしたライブ。
 青木さんのまったりとした唄にもいつもながら癒されました。

ねこキャンドル




 みんなありがとう!

 忘れられない誕生日となりました!
posted by 八方ねこ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月24日

20年ぶりの再会!?

私は今、多くのアーティストさん出会え、幸せな時間を過ごさせてもらっています。

先日信じられない出会いに驚きが!

ピアノ弾き語り、フクネコさんのライブでの出来事でした。
な、なんと20年前の私をテレビで観ていた、ベーシストさんに出会ってしまったのですexclamation

その番組はTV東京のインタビュー番組で、確か、「シングル」がキーワード!
生意気にも持論を展開していたのでしょう・・・多分?
その個性全開の私に圧倒されたとか、怖かったとか?!

それはさておき。ベーシストの言った言葉は「20年前のままですね」と。
それは、少しも20年前と変わりなく若く見えたことと(少しは老けてる?笑)、
20年前のワタシの生き方が、現在も変わらずに保ち続けていることに驚いたらしいのです。

その時も、アーティストさん、初めて出会ったお客さんに、ワタシの芝居に対するア・ツ・イ思いを喋ってた・・・。
こんな元気印いっぱいのワタシもたまには落ち込むんですよ。
自己嫌悪に陥ることかってあるんですよ。勇気づけられた!わーい(嬉しい顔)

一体ワタシは何歳やねん?!
それは内緒、ナイショ?

HPの「ひとり芝居」をクリックしてもらえば、ワタシが登場してますよ。
えっ!よけいにわからへん。では、Nyanで逢いましょか?勇気のあるかたは!
posted by 八方ねこ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月12日

★初ブログ★

初めてのブログ。思いっきり自分の気持ちをぶつけていきたいです。
みなさん、よろしくにゃん!猫
今日は、「八方ねこ」のペンネームの由来について書きます。
このペンネームを使い出してから、かれこれ14〜5年経つかなあ?
ミニコミ誌投稿用に使い出したのが最初。八方美人の「八方」を使用したのはどんな人にも良い顔するというのではなく、八方に興味を持ち、八方方向、どんな所にも出没し、いろんな人たちと繋がりたいとう意味を込め、猫好きなのでねこを付たという訳です。こんな私に興味を持ってくださった方はまたメールくださいね。ではまた。

ねこ
posted by 八方ねこ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記